ようやくNOKTON 40mmが届いた June & July 2018

4月にマップカメラで注文してから2ヶ月。

ようやくNOKTON 40mmが入荷した。

手元に届いてからもマップカメラでは品切れ中のままなので、入荷数は少なかったようだ。

タイミングによってはさらに遅れる可能性もあったわけで、無事に手に入れることが出来てほっとしている。

先日撮影してきたので、早速その時の写真を貼っていく。

 

新宿 

入手して最初の週末、新宿へ行ってきた。

梅雨明け宣言前ではあったが、もう明けてるんじゃないの?という天気だった。

 

 

A7Lr-04072.jpg

 

手前のひまわりを撮っていたら、ちょうどいい位置に女性が入ってきたのでピントを合わせ直した。

撮影したデータを背面液晶で確認して、その写りに思わずにやけてしまった。

 


A7Lr-04076.jpg

 

コクーンタワーへと続く道。

やはりいいレンズだなあ。

待った甲斐があった。

 


A7Lr-04079.jpg

 

慌てて撮ったのでピントが少し怪しいが載せてみた。

この時期は日傘を狙って撮影するのもいいななんて思った。

 


A7Lr-04107.jpg

 

どんな写りになるのか確認するために、意識して開放付近を使うようにした。

ミラーレスにはピーキング表示など便利な機能があるが、開放F1.2となるとピント面はかなり薄くて合わせるのが難しい。

正直合っているのか確信を持てないままシャッターを切ることもあった。

(後で確認したら微妙にピントを外している写真が多かった…)

 


A7Lr-04101.jpg


西口のヨドバシカメラ前で。

タクシーは好きな被写体。

毎日洗車しているからだと思うが、どのタクシーも車体がピカピカしていて写真映えするなと思う。

 

 

A7Lr-04140.jpg

 

WBを少し弄ったけどやり過ぎたような気もする。

でも自分の記憶ではこんな感じで焼けていた…はず。


浅草

翌週は浅草へ。

少し前に6月中にも関わらず梅雨明け宣言が出ていた。

夏は好きなのでテンションが上がる。

 


A7Lr-04178.jpg


浅草は年明けすぐに訪れているが、その時に比べると外国人観光客の多さが目に付いた。

 

 

A7Lr-04179.jpg

 

A7Lr-04193.jpg

 

この日差し、夏って感じがする。

昨年は週末に天気が崩れてほとんど撮影できなかったので、今年はたくさん撮りたい。

 


A7Lr-04229.jpg


A7Lr-04234.jpg

 

ちょうど訪れた日は夏詣の期間中で、屋台も出ていた。

あまり耳慣れない言葉だが、一年の半分の節目に神社・仏閣を詣でることを新たな習慣にしようという動きがあるらしい。

 

www.natsumoude.com


A7Lr-04236.jpg


A7Lr-04259.jpg

 

使ってみて思ったのは、40mmという画角の絶妙さだ。

35mmだと少し広いと思うこともあるが、5mm違うだけでかなり扱いやすく感じる。

この辺の感覚は人によるだろうが、自分にはこの画角が合っているらしい。

 

NOKTON 40mmとAPO-LANTHAR 65mmの2本あれば、撮りたいものはだいたい撮れる気がする。

これでEマウントのレンズはしばらく欲しくならない…なんて思っていたが、APO-LANTHAR 110mmが気になる今日この頃。

 

浅草寺ではAPO-LANTHAR 65mmでも撮影しているのでその写真も。


A7Lr-04207.jpg


A7Lr-04215.jpg


NOKTONと比較すると、こちらの方がピントの山が明らかに見やすい。

開放でもしっかりピントを合わせることができる。

以前はこれが当たり前だと思っていたけど、単にAPO-LANTHARの見やすさが異常なのかも。 

どちらのレンズも気に入っているので、しばらくはα7IIでの撮影が続きそうだ。