夏の陽気が戻ってきた日 September 2019

柊サナカさんの「谷中レトロカメラ店の謎日和」シリーズを読んでいたら、無性に谷中方面に行きたくなり出かけてきました。

 

谷中レトロカメラ店の謎日和 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

谷中レトロカメラ店の謎日和 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

 

 

 

 

A7Lr-07654.jpg

 

まずは山手線の西日暮里駅で降り、日暮里まで撮り歩くことにしました。

…というのは嘘で、実は降りる駅を間違えました。

以前にも同様のことがあったのですが、何故か私の中では谷中方面に行く時は西日暮里で降りるとすり込まれているようです。

 

 

A7Lr-07642.jpg

 

せっかくなので線路沿いに歩いて行くことにしました。

目にとまった物をカメラに収めつつ谷中銀座を目指します。

 

 

A7Lr-07651.jpg

 

秋の気配を感じ始めていた記憶がありますが、この日だけは夏の気温が戻っていました。

でも影の濃さが明らかに真夏のものとは違いますね。

季節の移ろいを感じます。

 

 

A7Lr-07656.jpg

 

A7Lr-07661.jpg

 

子供の靴は落とし物でしょうか。

持ち主に届くと良いのですが。

 

 

GR3Lr-000391.jpg

 

夕やけだんだんに到着。

遠くに見える雲がちょっと夏っぽいです。

 

 

A7Lr-07662.jpg

 

A7Lr-07665.jpg

 

A7Lr-07669.jpg

 

谷中銀座は軽く冷やかすくらいにして、東口に向かうことにしました。

 

 

 

A7Lr-07685.jpg

 

日暮里駅から5分ほど歩くと生地や織物のお店が連なる日暮里繊維街にたどり着きます。

通りの両側にずらっとお店が並んでいて、なかなか面白い通りです。

 

 

A7Lr-07688.jpg

 

革製品や金具を扱っているお店もありました。

とげとげの金具とか私の世代だと北斗の拳を想像してしまうのですが、どう使うのでしょう。

 

 

A7Lr-07671.jpg

 

GR3Lr-000400.jpg

 

少しだけ夏を思わせる陽気が戻ってきた1日でした。